サイトメニュー

ちゃんと治せる病気です

ハート

症状のそれぞれ

病院で診てもらい、うつ病と診断を受ければ、その後の生活に不安を感じる人はたくさんいます。ちゃんと治すことができるのか、治る病気ではないといわれていることもあるが実際はどうなのか、治してから仕事復帰できるのか、さまざまな負のスパイラスに陥ります。しかし心配することはありません。うつ病は治る病気です。そのためにも、治すための習慣を身につけることが大切です。うつ病と診断されれば、まず治療法を病院ではじめるようになります。その治療法は薬物療法やカウンセリングがほとんどです。薬物療法の場合は抗うつ剤が処方され服用していきますが、すぐに効果が出てこないことを認知することが必要です。薬には即効性はありません。服用し続けて2週間経ったころに効果が出てくるようになります。ゆっくりとじわじわ効果が出てくるので、多くの人はまったく効いてないのではないかと不安になるといいます。うつ病で不安を抱えながらも、薬の効果を感じられない不安をまた重ねて感じるようになるため、精神的な負担を抱えやすくなります。もし薬に対して不安を感じれば、遠慮なく医師に伝えると医師はしっかりと説明してくれます。もし説明をしてくれなければ、それはちゃんとした医師とはいえません。うつ病は主に、落ち込みが激しく、常にため息を吐きながら自分は生きていても仕方がないなどのような、自尊心が低い発言をし、長引けば最悪のケースを招くような精神的病と考えられています。しかしうつ病にはそれだけの症状とは限りません。とつぜんハイテンションになって、口が止まらないほど弾丸に話し続けてしまう症状があらわれることもあります。ほかにも、緊張感が常にほぐれずに眠りにつくこともできないほどで、落ち着けない状態になることもあります。逆に、何もかもやる気をなくして、身体が重たく動くことができないこともあります。イライラするようになることもありますし、集中力が持続せずいろんなことが気になって仕方がなくなることもあります。落ち着きがなくなりハイテンションになってしまう状態を、病院では躁うつ状態と診断されることもあります。そして落ち込み具合が激しい状態を抑うつ状態と診断されます。そして両方が交互にあらわれてしまう状態となれば、双極性障害と診断を受けることもあり、また治療法が変わってくることがあります。実はうつ病は1種類に限らず、様々な症状があります。そのためにも独断で病気を判断せずに、症状が気になる場合はしっかりと医師に診断を受けることが望ましいといえます。